<< 買ったけど | main | 買いました >>
 母性が微妙だったって話もしてなかったっけ

食エッセイは好きなんだけれど、どこどこで売ってる何が美味しい。
というお話はよんでてそこまで想像が出来なくてあんまりなのかなと思った。

平松洋子さんはもう二三冊買ったけど
ちょっと違うのかなと思った。
凄く美味しいもののことを書いてるんだろうけど
貧乏舌ゆえ かつおぶしでだしをひく。という
なんかそういうのに対して共感が出来ない

安野モヨコさんのほうが平松洋子さんに比べると
イラストも多くて読みやすかったんだけど
これはこれで鎌倉!バァン!ていうのが
前面に出ててもうちょっとジャンキーなほうが
好きだな って。

そこでいくと私の美の世界
もっというと「貧乏サヴァラン」が
本当に一番好きなのだなー と。

魯山人先生の本も好きなんだけど

食べ物そのものについて語って欲しいというか
どこどこの何 っていう話って
そこまで行かないと食べれないしなんかこう 

置いて行かれた感があるのかな。

マンガだったら きのう何食べた? がすきだよ
21:38 / - / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
21:38 / - / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://candyxxxx.jugem.jp/trackback/1173
TRACKBACK